CX-5の限界値引きを一度の交渉で!

CX-5一発値引き交渉!

CX-5の一発値引き交渉とは、1度だけの商談でCX-5の限界の値引き額を引き出す方法です。

CX-5一発値引き交渉には、「時間の節約」「値引き交渉を楽にする」「大幅値引きを獲得する」などの大きなメリットがあります。

口下手でも大丈夫!事前に当サイトでしっかりと準備をすれば、一度の商談でCX-5を安く買う事が出来ます。

1.CX-5の目標値引き額から理想の総支払額を算出

2.下取り車があれば事前に相場を調べて購入予算を組む

3.マツダディーラーに行ってこちらの条件をぶつける

4.OKが出ればCX-5を契約

以上大まかな流れですが、以下で解説しているので実践してみましょう!


CX-5の目標値引き金額

車両本体の目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の値引きが期待できます。

以下を参考に目標値引き額を設定するといいでしょう。

CX-5車両本体からの目標値引き額(2017年2月現在)

15万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5~10万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+5万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5~10万円
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+5万円前後
※参考 CX-5実際の値引き額

 

車両本体の値引きと、オプションからの値引きの合計金額が、CX-5の値引き合格ラインです。

さらに決算セールなどの時期はCX-5の場合、表のようなプラスαの値引き額が期待できます。ただしあまり攻めすぎると失敗するので、欲張り過ぎない予算設定が成功しやすいでしょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、現在価格を調べて希望予算に組み入れましょう。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの愛車を高く売る方法とは?も参考に。

 

CX-5の諸費用

CX-5 XD プロアクティブ(2WD)の諸費用です。

車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、定価のCX-5の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 147,050円

・自動車税(8月登録) 26,200円

・自動車取得税 0円(免税)

・自動車重量税 0円(免税)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 11,710円

・登録諸費用 69,100円

 

CX-5一発値引き交渉を実践する!

上記を参考に希望グレード、オプション、諸費用、目標値引き額から希望の乗り出し価格(総支払額)を設定します。

そしてマツダディーラーに行ったら、「ライバル車を買おうと思っているが、希望の乗り出し価格になるなら、ライバル車をやめてCX-5を契約しても良い」と言う設定で商談します。

 

CX-5のライバル車は、「トヨタ ハリアー」「トヨタ ランドクルーザープラド」「日産 エクストレイル」「ホンダ ヴェゼルハイブリッド」「ホンダ CR-V」「三菱 アウトランダー」「スバル フォレスター」「スバル レヴォーグ」などがあります。

この中から、購入グレードと同価格帯の車種を選んで、商談の時にCX-5の引き合いに出します。

ではマツダディーラーに行ったら、参考までに以下のようにやってみましょう。

 

「ハリアーを購入しようと思っていて、何度か商談もしていて結構安くしてもらいました。これからトヨタに行こうと思っていますが、その前にCX-5も気になっていたので来てみました。正直車種にはそれほどこだわりがないので、もし希望する金額になるならトヨタへは行かずに、この場でCX-5を契約してもいいと思っています。希望金額は○○万円です」

言い方は人それぞれですが、話の流れとして参考にしてもらえればと思います。

人気車種のハリアーを今日にも買うつもりだが、希望金額になるならこの場でCX-5を契約する」とやる事で、マツダのセールスさんは「契約が取れるなら条件次第ではやっちゃおうかな?」となるのです。まして相手がハリアーのような人気のライバル車なら、「負けられない」と言う思いが出てきます。

上記のCX-5の目標値引き金額から算出すれば、十分可能な総支払額になるので、成功する確率は高いです。

 

もし希望金額にOKが出なければ、妥協できる金額まで下げて再度条件提示しても良いでしょう。

もしくは、「希望金額にならなければ購入できない」と言って、系列違いのマツダディーラーへ行って、再度一発値引き交渉を実践してみても良いです。

より一発値引き交渉を成功させる確率を上げるには、決算セールやボーナスセールの時期を狙っても良いですし、日曜日の夕方に仕掛けるのも効果的です。

土日はどこのディーラーでもフェアやイベントが開催されている事が多いので、お店やセールスさんには販売目標が課せられてる事が多いです。

日曜日の夕方ならフェアが終わる直前なので、販売目標を達成するために契約が欲しいタイミングとなるので、一発値引き交渉が成功する確率は高くなるでしょう。

 

宿題作戦もあります

特別CX-5の購入を急いでいない場合、セールスさんへ宿題を出す事で簡単に限界値引きを成功させる方法があります。

その方法は、希望の購入条件(値引き額や総支払額)を前もってマツダディーラーに伝えておきます。

出来ればCX-5の値引きが拡大する「2~3月の年度末決算期」「6~7月の夏のボーナス時期」「8月後半~9月の中間決算期」「12月の年末商戦」の時期が良いでしょう。

これらの時期ではフェアやイベントが行われるので、値引きが緩んできます。それぞれの時期の2週間~1か月前辺りにディーラーへ行って宿題作戦を実行しましょう。

「オプションを付けて総額○○万円になればすぐにでも契約します。この条件で出来る時に連絡をください」などと伝えておけば、その時に新車の契約が欲しいセールスさんやディーラーから連絡が来るでしょう。

上記のCX-5の目標値引き額を参考に、ちょっと無理かな?と思う金額を伝えるのがベストです。

大幅値引きが可能になるディーラーは、時期やタイミングで異なるので、経営の異なる複数のディーラーへ宿題作戦を出しておけば、成功の確率が高まるでしょう。

 

下取り車で価値ある値引きを!

下取り車があるなら、CX-5の値引き交渉よりも簡単に支払額を下げる事ができます。

簡単に出来るからこそ、CX-5を安く買うなら値引き以上に重要になってくるのです。

下取り車の相場にもよりますがCX-5の値引き額に加えて、さらに10万円~20万円以上CX-5を安く買う事が可能です。

CX-5の値引き交渉が苦手でも大丈夫!是非参考にしてみてください。

 

ディーラーの査定には騙されるな!?

大体の人は下取り車があれば、ディーラーで査定してもらうでしょう。

ここでダマされてはいけないのは、ディーラーの査定額は非常に低く見積もられていると言うことです。

よくあるのが、「下取り車の金額をアップするので決めていただけませんか?」と言うセールスさんの決めゼリフです。

セールスさんも仕事、契約を取るためのセールステクニックなので悪いとは言えませんが、この決めゼリフを使うためにディーラーの査定金額は低く見積もられる事が多いのです。

 

ディーラーから本当の下取り金額を引き出すには?

下取り金額が低く見積もられて、本来の相場で下取り車が売れなければ、せっかくのCX-5の値引きが無駄になってしまいます。

下取り金額で取りこぼさないためには、買取店の査定サイトを利用しましょう。

以前管理人がステップワゴンを乗り換えた時のディーラー査定は37万円でした。

これを買取店の査定サイトで申し込んでみると・・・

 

無料査定

 

査定サイトに表示された金額は、なんとディーラーより25万円も高い買取金額でした。

早速ディーラーへ「買取店は62万円付きましたよ?」と伝えると、再度ディーラーから提示された下取り金額は37万から23万アップの60万円でした。

 

 

査定サイトで申し込んだ買取店の査定は62万円でしたが、リサイクル料込みの価格です。

ディーラーは60万円ですが、下取り車のリサイクル料金を返してくれるので、実質61万円強となります。

ほとんど同額なので、納車まで下取り車に乗っていられるディーラーへ売ることに決めました。

 

結局ディーラーの下取り金額は、37万円から60万円に変わりました。最初の下取り金額は何だったのでしょうか・・・

もし買取店の査定サイトに申し込んでいなかったら、23万円も損していたことになります。

この時やった事は、査定サイトに表示された買取金額をディーラーへ伝えただけです。それだけで23万円も安く次の新車を買うことが出来ました。

これならCX-5の値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法ですね。

この時利用したのは、カービューの査定サイトです。1分程度の入力ですぐに画面上に自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラーの査定と比較するにはとても便利なサイトです。

 

>>カービューの無料査定はこちら

無料査定

 

PAGE TOP